MBAを考える〜日本人の知的な生き方〜

日本のMBAの取得者が増えてきた昨今だが、特に社会人になってから何年か勉強から遠ざかっていた人たちがビジネス・スクールに通い出し、新しい学びの場を得られるとその目の輝きが変わってくる。そして生き方そのものに変化が起こる。それは学びからしか得られない最高の報酬なのだと思う。
そもそも私の周囲には趣味が勉強や研究だと言う友人知人が多いものだが、特にやることもなくただ無意味な休日を過ごして暗い月曜日を迎えるサラリーマンも多いだろう。外国の友人いわく、日本人はなぜ受験勉強は必死にやるのに大人になると本の一冊も読まないのだ?と、全く耳の痛い指摘であった。
私は特に経営学を学ぶ者が立派なのだと言っているわけではない。ただビジネスだろうが趣味だろうが、探究心を持ち続け学びの場や同士を得られる人こそ豊かな人生を送ることができると思うのだ。


Comments are closed.